静岡県東部の南箱根に位置する酪農の里、丹那盆地の牛乳メーカー「丹那牛乳」です

丹那牛乳
トップページおいしいヒミツ>工場の取り組み

工場の取り組み

厳しい品質管理

丹那牛乳では、とにかく安全なものしか作らないというポリシーのもと、徹底した品質管理が行われています。毎朝工場に各酪農家から集められた生乳が運び込まれた時から、厳しい品質管理がはじまります。生乳が届くとすぐに風味や成分などのいくつかの検査が行われ、合格した良質の生乳だけが工場内の冷蔵タンクに納められます。その後の加工処理の過程でも何回も厳しい検査が行われ、それら全てに合格して初めて皆様の元へ届けられるのです。
丹那牛乳処理工場ではHACCP(ハサップ)が承認されました。HACCPとは食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理システムです。今後はHACCPの維持とより一層の向上に努めていきます。

厳しい品質管理

酪農家への生産指導

皆様に新鮮で安心・安全な牛乳を飲んでいただくために、専門の職員が酪農家に生産管理の指導を行っています。飼料の安全性、乳牛の健康管理、衛生管理などあらゆる角度から酪農家をサポートしています。丹那牛乳の母体は函南東部農協ですから、酪農家は皆その組合員です。生産を担う酪農家と加工処理する丹那牛乳の職員。まさに二人三脚で、常に乳質の向上を目指しています。

厳しい品質管理

消費者の健康を考えた製品つくり

恵まれた生産環境の中で手に入れることができる「丹那の新鮮で良質な生乳」。このおいしさを最大限に引き出すことが私たちの使命です。そこで、良質の生乳からしか造ることができない低温殺菌牛乳を、昭和57年という早い段階から製造しています。この牛乳は大量生産には向かず、実は手間ひまもかかります。ですが、より搾りたての生乳に近くて体にやさしい牛乳なのです。このおいしい自慢の牛乳を、皆様にお届けしたいという一心で毎日製造に励んでおります。また、その低温殺菌牛乳を使ったプリン、ヨーグルト、チーズなどの製造・開発も積極的に行っています。

厳しい品質管理
このページの上部へ戻る